沖縄旅行のプランの決め方のコツ

快晴であることを想定しない

休みが決まっていて、融通が利かない場合は仕方ありませんが比較的自由度が高い場合はとにかく天候が良い時に向かうようにします。沖縄特有の青い海やプールサイドでのトロピカルドリンクなどは全て晴れていないと堪能できません。シュノーケリング等海のレジャーも降雨していると周囲が暗くなりますし、低気圧が近づいて波が荒れると海に入れない可能性もあります。プランニングとしては、天気予報が晴れでも快晴を想定するのは禁物です。なぜなら沖縄は四方を海で囲まれているので雲が発生しやすいのです。快晴を想定して海で楽しんだ後にバーベキューをする、というようなプランニングをすると雨によって全て壊されてしまうかもしれません。建物内で時間を過ごすことも考えておく必要があります。

予約できる部分は予約する

ホテルなどは事前に予約するかと思いますが、それ以外は現地で考えるという方も少なくありません。予定に縛られず臨機応変に過ごすのも魅力的ですが、あまりにも行き当たりばったりだと望みが叶うか分からなくなります。なぜなら、沖縄は国内でも屈指の人気観光地ですし場所的に台湾や中国からの観光客も多いからです。決して広くはない土地に多くの人が押し寄せるので、レンタカーの空きがなかったり飲食店も混雑しています。特にゴールデンウィークやお盆など大型連休時は非常に賑わいます。なので、予約できる部分は予約しておくのが上手なプランニングです。沖縄はお店だけでなく食べ歩きでも個性的な飲食物が揃っているので、注目しておきたいです。

© Copyright Place For Travel. All Rights Reserved.